Loading...

婚活ってなに?知ってるようで知らない婚活の定義

「婚活してますかー!」

こんにちは。
婚活界の猪木こと、ポロです。

ふだんはコンサポでむちゃくちゃ整理したライティングしてるので、自由に文章書いていいってなったら間違った方向にくだらんこと書きたくなるもんですね。

さて、満を持して?
令和の婚活サービス「MARRY」をOPENしました。
今回は記念すべき一発目の記事なので、まずは「婚活ってなに?」というそもそもの話をちゃんとおこうと思います。

「婚活の定義は?」
「婚活の由来って何?」
「どんな背景でできたの?」
「恋活と婚活って違うの?」

みたいなことをまとめたので気になる人は読んでみてくださいね。

婚活の定義

婚活とは「結婚相手を探す活動」の略称です。だから婚活パーティーや結婚相談所を利用しているとかはわかりやすいですし、自分の趣味や習い事の場であっても「参加する目的の一つが結婚のための出会い」なのであれば、それは婚活と言えるでしょう。
厳格な線引きがあるわけじゃないので自分が婚活しているかどうかは自分で決めればいいと思いますよ。

MEMO
逆に言えば婚活パーティーやマッチングアプリを利用してても、その目的が結婚のための出会いじゃないならそれは婚活ではないでしょうね。

婚活の由来

続いては婚活の由来についてご紹介しましょう。婚活という言葉は2007年に週刊誌「AERA」で「結婚したいなら婚活のススメ」という特集が組まれたのが世に出た瞬間です。

MEMO
翌08年に生みの親である中央大学の山田教授と、記事を執筆したライターの白河さんの共著「婚活時代」が発売され急速に普及することになりました。

婚活ができた背景

お次は婚活ができた社会的な背景について触れておきましょう。昭和初期くらいまでは恋愛結婚ができなくても、結婚を前提にお見合いしていました。

そんな誰もが当たり前に結婚できた時代からから約半世紀。
いまや結婚はするもしないも自由に選べる時代になりかけています。

結婚をしないという選択肢があるからこそ自然な出会いで結婚できなかった人は、結婚するための相手を探す活動をする必要が出てきたのです。

それが婚活という言葉ができた背景です。

恋活と婚活の違い

「恋活」は「恋人をつくる活動」の略語なので、婚活とは同じようで目的が違います。真剣に婚活するひとからすると、恋活と婚活をハッキリ分けてほしいところですが、中には「いい人がいれば結婚したい」みたいなひともいますから、それも婚活を難しくさせていますね。

MEMO
ぼくも「いい人がいれば結婚したい」と思っているひとりです。まだまだ結婚は先になりそうだ・・・「

まとめ

ということで今回はざっくりと婚活って何?というテーマをご紹介しました。見出しとか表現とかは追々整えていくのでお楽しみに。

以上。ポロでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

080-2061-1841

平日:12:00~18:00/土日祝:11:00~17:00